中国針灸「精誠堂(せいせいどう)」【千歳烏山 本院】東京都世田谷区南烏山5-9-2 【飯田橋針灸マッサージ治療院】東京都千代田区富士見2-2-3 ドーム飯田橋1F

精誠堂(せいせいどう)

お悩みの症状

不眠症、睡眠障害

中医学では"不寐"、"失眠"と呼ばれるこれらの症状には、入眠困難(入寐困難)や熟睡障害(寐而不実)、或は早朝覚醒、目覚めた後再び入睡することが困難であるといった症状が含まれます。重症のものでは一晩中ねむれないといった状態になることもあります。
中医学では、"精神"の働きは"五臓"に宿っていると考えられています。例えば、精神を総括する"神"は心の臓に宿っており、思慮する働き("思")は脾の臓が、積極的に何かに向かってゆく心の働き("志")は腎の臓と関連が深いなどとされています。そのため"感情"も五臓との関連が深く、例えば"怒り"は肝の臓に、"悲しみ"は肺の臓に影響するなどとされています。
"睡眠"はこれら"こころ"の働きの親玉(?)である"神(心神)"が安らかに休んでいる状態です。逆に言えば、"不寐"、"失眠"と呼ばれる状態は、"心神不安"つまり"神(心神)"が安らかに休んでいられない状態なのです。
ではその原因は?というと、例えば思い悩み過ぎること(思慮過度)があると"脾胃"が負担を受け、消化が上手くゆかずに余分な"痰湿"が溜まります。その痰湿が熱を持つとその上にある"心神"が熱さで安らぐことが出来ず、"不寐(失眠)"となると考えます。
イライラやストレスは"肝"に影響し、鬱積した熱が"肝火"として下から"心神"をあぶるので、これもまた心神は安らぐことが出来ず眠れません。
一方、過度の疲労や過度の房事なども"先天の元気"を蓄える"腎"に影響することで"心神"にも影響します。中医学では"心"の臓は性質としては"火"に属し、"腎"の臓は"水"に属し、体の上下で互いにバランスを取っています。腎の臓に負担がかかり"腎水"が不足すると、ちょうどラジエータの水が少なくなってエンジンがオーバーヒートするように、心の火がオーバーヒートし、心神が乱れます。結果、"不寐(失眠)"となると考えます。
針灸医学では、こうした観点から五臓のどこにアンバランスが生じているのかを探り、五臓を整え、心神を安定させるよう、経絡を通じて働きかけてゆくのです。

PAGE TOP

本格中国針灸の精誠堂

精誠堂(せいせいどう) 千歳烏山 本院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-9-2
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
TEL:03-6802-5937
■診療日
診療時間 9:30~18:30※予約制
定休日 月・水
精誠堂(せいせいどう) 飯田橋 針灸マッサージ治療院
東京都千代田区富士見2-2-3-1F
飯田橋駅JR西口、
地下鉄B2a出口から徒歩3分
TEL:03-3511-2338
診療時間:月~日 10:00~20:00
※予約優先
最終受付19時、日・祝祭日も営業
定休日:年末年始

ページの先頭へ