中国針灸「精誠堂(せいせいどう)」【千歳烏山 本院】東京都世田谷区南烏山5-9-2 【飯田橋針灸マッサージ治療院】東京都千代田区富士見2-2-3 ドーム飯田橋1F

精誠堂(せいせいどう)

お悩みの症状

眼精疲労

中医学では、"眼"は血液の消耗が最も激しい器官の一つだとされています。五臓六腑との関係では、"眼"は"肝"との関係が深く、五官の中では"肝の竅(あな)"とされています(ちなみに、耳は腎、鼻は肺、口は脾、心は舌と関連する)。
"肝"の臓は、中医学では全身の"気"のスムーズな循環を調整していると共に、血液をストックしておいて、状況に応じて全身の血液循環量を調整するという重要な働きを担当しています。ストレスやイライラがあるとその影響を受けやすい臓でもあります。その肝が内側から外界に向けて開いた竅が"眼"です。
したがって眼精疲労は、眼そのものを使い過ぎることに原因はありますが、もしも肝の働きが弱いと、眼への血液補給が間に合わず、容易に眼精疲労を引き起こし、また快復し辛いと考えられます。
また逆に、眼が多量に肝血を消耗することで、身体の他の部分への血の供給が不足し、疲れやすさや頭痛、その他の身体症状を引き起こす原因となることも考えられます。
中医学では、眼の疲労も、眼のみの問題としてではなく、常に五臓六腑や全身の気血(特に血)の過不足、その他の症状との関連の中でその治療を考えてゆきます。そのため、ツボの中には、眼に関係するツボが眼から遠く離れた場所に存在していたりします。例えば、"光明"というツボは、字のごとく目がはっきりと見えるようになるツボとして用いられますが、場所は下腿の外側、外踝から指五本分程上の場所にあります。このツボが属している少陽胆経という経脈は、ずっと上は眼の方まで連なっており、また血と関係の深い肝の経脈と表裏の関係にあります。
このように針灸医学では、眼の症状一つをとっても、身体の上下・左右・内外全身を結ぶ"経脈"という繋がりの中で症状を診、ツボを選び、施術をしてゆきます。

PAGE TOP
精誠堂(せいせいどう) 千歳烏山 本院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-9-2
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
TEL:03-6802-5937
■診療日
診療時間 9:30~18:30※予約制
定休日 月・水
精誠堂(せいせいどう) 飯田橋 針灸マッサージ治療院
東京都千代田区富士見2-2-3-1F
飯田橋駅JR西口、
地下鉄B2a出口から徒歩3分
TEL:03-3511-2338
診療時間:月~日 10:00~20:00
※予約優先
最終受付19時、日・祝祭日も営業
定休日:年末年始

ページの先頭へ