中国針灸「精誠堂(せいせいどう)」【千歳烏山 本院】東京都世田谷区南烏山5-9-2 【飯田橋針灸マッサージ治療院】東京都千代田区富士見2-2-3 ドーム飯田橋1F

精誠堂(せいせいどう)

お悩みの症状

耳鳴り、難聴

現代医学的には、耳鳴りは、ストレスによって自律神経がバランスを崩したり、ホルモンバランスが崩れて内耳にリンパが溜まって圧迫することで低音耳鳴り(や難聴)が生じると言われています。また、高齢の為、あるいは何らかの原因で生じた難聴が原因で(音を拾う為に)脳の感度が過敏となり、脳内に飛び交う電気信号をノイズとして感知したものとも言われています。
耳鳴りの原因にもなる難聴には、聞こえ辛い音の種類が低音性のものと高音性のものがあり、原因には中耳や外耳に原因があるもの(伝音声難聴)と、聴神経や脳に原因のあるもの(感音性難聴)とがあります。
いずれにせよ本人にとっては生活や入眠にも支障の出得る辛い症状です。

これと比べると中医学では全く違った概念での病態把握をします。
中医学では、耳鳴りの捉え方の一つとして体の内側で"風"が発生しているとする考え方があります。これを"内風"と言います。
例えば、強烈なストレスなどで気の流れが停滞、鬱積すると、滞ったものはやがてエネルギーを持って上に突き上げます。"怒髪天を衝く"といった状況でしょうか。この鬱積したエネルギーの上衝が"風"を伴い、ゴーッという音を生じます。鬱積したものは往々にして熱を発生しやすいですが、熱をもつとそこに風が発生しやすくなります。炎のまわりの空気がゆらいでいることからイメージできますね。これが耳の内側で起こったものが激しい耳鳴りだと考えます。環境の変化や強いストレスにさらされたり、あるいは過剰な飲酒や食事の不摂生で身体の中に余分なものが蓄積している場合などがあるかもしれません。経脈の流れをスムーズにし、余分な停滞を取り除くようにツボを選んで針を施してゆきます。
一方、疲労で気血を消耗し過ぎたり、あるいは胃腸の働きが弱って食べたものから十分な気血を生成できないなどの原因で、気血が十分に耳を栄養できなくなった場合にも、その一つの症状として耳鳴りが発生します。本来気血で満たされているべき空間に気血が供給されず、そのために出来た隙間にそよそよっと隙間風が吹いている、そんなイメージでしょうか。過労や睡眠不足、胃腸虚弱などは気血不足を招きますが、針灸の刺激で気血の生成機能を賦活し、十分に気血の栄養を巡らせることが大切となってきます。
難聴もまた同様に、停滞したものが耳を塞いでしまうと聞こえ辛くなりますし、気血が不足し耳を十分栄養できないと耳の機能が十分に働かず、これもまた音が聞こえ辛くなると考えます。
針灸では耳の症状とはいえ常に五臓六腑を含めた全身の状態、経脈全体の流れを診ながら診断、施術を行ってゆくのです。

PAGE TOP

本格中国針灸の精誠堂

精誠堂(せいせいどう) 千歳烏山 本院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-9-2
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
TEL:03-6802-5937
■診療日
診療時間 9:30~18:30※予約制
定休日 月・水
精誠堂(せいせいどう) 飯田橋 針灸マッサージ治療院
東京都千代田区富士見2-2-3-1F
飯田橋駅JR西口、
地下鉄B2a出口から徒歩3分
TEL:03-3511-2338
診療時間:月~日 10:00~20:00
※予約優先
最終受付19時、日・祝祭日も営業
定休日:年末年始

ページの先頭へ