中国針灸「精誠堂(せいせいどう)」【千歳烏山 本院】東京都世田谷区南烏山5-9-2 【飯田橋針灸マッサージ治療院】東京都千代田区富士見2-2-3 ドーム飯田橋1F

精誠堂(せいせいどう)

お悩みの症状

頚椎症、頚肩腕症候群

頚椎症は、加齢と共に骨が変形し上肢や肩・背中に向かう神経を刺激して、頚肩回りの筋肉や腕や手指の痛みや痺れを引き起こします。頚肩腕症候群とは、デスクワークや腕や手を頻繁に使う作業などが原因で、肩凝り、首痛、腕や手の痺れ痛みなどの病態を起こした状態を総称してまとめたものを言います。
中医学では、気血の衰えにより経絡に栄養が届かなくなって発症すると考えます。
歳を取り、人の活力や身体の発達・維持をコントロールする働きをする腎の機能が衰えて来ると、それに従い気血も衰えて全身の経絡に栄養が届きにくくなります。すると筋肉の栄養も十分ではなくなって筋肉本来の力が十分に発揮できなくなり、正しい姿勢が維持できなくなります。その為に腰や背中が丸くなり頚も曲がってしまうのです。この状態が長く続くと経絡の気血の消耗が進み、頚や肩背部や腕の栄養も不足してしまい痛みや痺れなどの頚椎症の症状が起きるのです。さらに栄養不足が骨に及ぶと頸椎に骨棘などの変形が起こってきます。
若い人でも、過労、デスクワークによる長時間の不良姿勢、手や腕の使い過ぎが続くと、同じ様に気血の消耗や停滞が起こって頚肩の痛みや腕の痺れなど頚肩腕症候群の症状が出てきます。
気血が衰えているときは、冷えなどの外的刺激に対する抵抗力も衰えていますので、不用意に風に当たったり、冷房で冷えすぎてしまったり、冷たいものや生ものを摂りすぎて中から体を冷やしてしまうなど、一見すると症状の原因とは関係ないと思われることも発症の原因となってしまいますので注意が必要です。また、適度な運動により体力をつけて首肩への負担を減らすことも重要です。

PAGE TOP
精誠堂(せいせいどう) 千歳烏山 本院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-9-2
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
TEL:03-6802-5937
■診療日
診療時間 9:30~18:30※予約制
定休日 月・水
精誠堂(せいせいどう) 飯田橋 針灸マッサージ治療院
東京都千代田区富士見2-2-3-1F
飯田橋駅JR西口、
地下鉄B2a出口から徒歩3分
TEL:03-3511-2338
診療時間:月~日 10:00~20:00
※予約優先
最終受付19時、日・祝祭日も営業
定休日:年末年始

ページの先頭へ