中国針灸「精誠堂(せいせいどう)」【千歳烏山 本院】東京都世田谷区南烏山5-9-2 【飯田橋針灸マッサージ治療院】東京都千代田区富士見2-2-3 ドーム飯田橋1F

精誠堂(せいせいどう)

お悩みの症状

帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹とは、水痘帯状疱疹ウィルスに感染し、水痘(水ぼうそう)になったことがある人に発症します。 
水痘帯状疱疹ウィルスは、水ぼうそう治癒の後、神経の根元付近の神経節という部分に隠れています。それが、過労や癌など免疫低下が起きた時に再活性化しウィルスが増殖して帯状疱疹を発症させます。増殖したウィルスは神経を通って皮膚に症状を現します。その為、神経走行に沿った丘疹や水疱が現れるのです。好発部位は、肋間神経、三叉神経(目の上あたりから頭にかけて)があります。
帯状疱疹の症状は、左右どちらかの神経分布領域に一致した知覚異常や痛みや痒みから始まります。これが数日から一週間続き、虫刺されのような紅いできものが出てきます。その後、できもの上に水膨れが現れ、その範囲も広がっていきます。その状態が一週間くらい続くとカサブタとなり、約三週間で水疱などの症状は治まりますが、神経の損傷具合によって暫く痛みが残る場合があります。三か月以上痛みが続く場合を帯状疱疹後神経痛と言います。
初期の症状が軽いからと言って無理をすると重症化し、合併症として顔面神経麻痺、上肢が挙上できない、腹筋麻痺、便秘や排尿障害などを起こすこともあります。
治療は、抗ウィルス薬の服用となりますが、早期の対処をした方が経過を軽くすることが出来ます。

中医学ではどうかというと、肝火や湿熱と考えます。
肝火とは、肝の働きの失調により生まれた火のことです。肝と言うのは、人体内の気の流れを
をスムーズにする働きがあり、それと同時に血の流れや量の調整をしています。肝の働きが乱れると、気の流れが淀んでしまい、イライラしたり抑うつ的感情となります。こういった感情が度重なると、頭に血(火)が昇ってカッとなったり、常にカリカリ・イライラ(常にメラメラと火が燃え上がっている状態)して怒りが爆発しやすくなってしまします。この気が滞って熱が生まれる状態を肝火と言うのです。
この肝火が脇や顔に昇り皮膚に集まると帯状疱疹となります。肝火による帯状疱疹では、水疱より紅斑が強く出る傾向があります。
肝火タイプの人には、顔や目が紅い、口や目が乾く、耳鳴り、頭痛など体の上半身に病症があることが多いです。
一方、湿熱とは、体の中に余計な湿気が溜り長い間の除かれない為にそこから熱が生まれた状態のことを言います。
口から摂り入れた飲食物は、脾の働きにより消化吸収されます。ところが、沢山摂り過ぎたり疲労状態となると、脾が充分に働けなくなってしまいます。特に甘いもの、脂分の多い物、味の濃い物などを多食すると、脾の働きを損ないやすく湿気も体に溜まってしまいます。湿気が溜まった状態が長く続くと熱が生まれて湿熱となるのです。
この湿熱が脇や顔などで強くなると帯状疱疹となります。湿熱による帯状疱疹では、黄色味を帯びたり茶色がかった水疱ができる傾向があります。
湿熱タイプの人は、身体が重い、下痢やベタベタして臭い便、口が粘る、普段からおできや湿疹ができやすいなどの病証が現れることが多いです。
肝火や湿熱が落ち着くことにより、紅斑や水疱も落ち着くと症状は治癒にむかいます。
ところが、肝火や湿熱の影響が長引くと、気と血の流れが滞ってしまい瘀血の状態となって長期に渡り痛みが残ることとなります。これが帯状疱疹後神経痛です。
瘀血と言うのは、気の働きがスムーズにいかなくなり脈内の血液が停滞して出来た物質のことを言います。瘀血がある場所には刺すような痛みが起きる特徴があります。また皮膚の色が暗くくすんだ状態となったりします。

治療は、全身の気血津液の流れの調整を目的とした針と合わせて症状出現部位に対する針とお灸などの治療を状態に合わせて行います。服薬の治療と並行して行うと、症状が酷くならず、回復も早くなり、後遺症も軽く済ませられることが期待できます。
帯状疱疹に罹るということは、ストレスや疲労の蓄積により、身体の平衡状態を維持する力が衰えていることを意味しますので、普段の生活の見直しも必要ではないでしょうか。
針灸はこうした体内のバランスの乱れを調えることを得意としています。帯状疱疹に限らず、現代病の多くはストレスや過労と関係します。日ごろから継続的に針灸治療をすることで病気の発症を予防し、発症したとしても酷くならないように、普段から良好な状態を維持しておくことが大切でしょう。

PAGE TOP
精誠堂(せいせいどう) 千歳烏山 本院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-9-2
京王線千歳烏山駅から徒歩2分
TEL:03-6802-5937
■診療日
診療時間 9:30~18:30※予約制
定休日 月・水
精誠堂(せいせいどう) 飯田橋 針灸マッサージ治療院
東京都千代田区富士見2-2-3-1F
飯田橋駅JR西口、
地下鉄B2a出口から徒歩3分
TEL:03-3511-2338
診療時間:月~日 10:00~20:00
※予約優先
最終受付19時、日・祝祭日も営業
定休日:年末年始

ページの先頭へ